手を引っ張ってあげられる人に

2021.06.11

By

こんにちは!
DX税理士法人の山下です。

本日は朝礼の発表にて、

「ドリームキラー」

という話をしました。

「ドリームキラー」をご存知でしょうか?

ドリームキラーとは、
「夢を壊す人」、あなたが将来の夢や展望を話したとき
に、それを否定するような言葉を使ってあなたの夢を壊そうとしたり、
考え直させるようなことをいう人です。

ドリームキラーが生まれる根本は、
人間のもつ現状維持機能にあって、
相手が夢に向かうことを異常と認識したら、
それに対して現状を維持しようと邪魔をするのがドリームキラーです。

無意識に善意でやっている場合と、
悪意をもって故意に足を引っ張る場合、
に分かれます。

善意のドリームキラーは親しい人、自分に近しい人が多いです。
心配してくれてありがとう、と伝えながら、スルーしましょう。

悪意の方は大変で、こういう人に捕まると、満足するまで絡んできますので、
そっと気づかれないように離れましょう。

そもそも、他人に安易に自分のゴールを話さない、というのが重要です。
たとえ親でもドリームキラーにはむしろなりやすいので注意が必要ですね。

また、自分との対話において、
自分自身もドリームキラーになってしまう可能性があります。
これも注意が必要です!

以前の職場の同僚が
「足を引っ張るのではなく、手を引っ張ってあげることのできる人間になれ」

というのを座右の銘にしている、と聞いて感動しました。

自分が関わる人すべてのドリームキラーではなく、サポーターになりたいものですね。

関連記事

最新記事一覧